大網山 精周寺

精周寺について

明治15年、出羽三山  湯殿山総本寺大日坊 第八十三世貫主 大網精周は、北海道巡教の際 一寺建立を願う懇望に接し、明治16年7月 懸錫所(現 若松十字街周辺)を創設しました。第一世中川慈照は師の名にちなみ大網山精周寺とし、汐見台に本堂が建立されました。明治42年当地に本堂を解体移転、現在は檀信徒会館・観音堂・薬師門等の堂宇が並んでいます。総本山は大和長谷寺。全国に末寺三千余ヶ寺を有しています。当山は、真言宗豊山派 北海道宗務支所 開教第一番寺院です。

ごあいさつ

「望まれる供養」 私の僧侶としての大命題です。
限られた時間の中で希望を叶えて差し上げることは困難と感じます。多くの方は「迷惑をかけたくない」と言われます。どなたにも漠然として相談しづらい希望があるのです。生きる宗教であるために将来設計から後継や費用の問題、葬送方法や埋葬に至るまで。お話しをすることで安心できることは多いと思います。御挨拶から始めませんか。是非そうして頂きたいと願っております。

寺院の特色
出張葬儀 寺院葬 永代供養 墓地
祈祷 樹木葬 ペット供養 水子供養
専用会館 駐車場 バリアフリー その他
寺院概要
住所 〒047-0023 北海道小樽市最上最上2-15-33
アクセス 【公共機関の場合】
JR小樽駅より車で10分
電話番号 0134-22-5892
アクセスマップ

お電話でのお問い合わせ

関連記事

  1. 金剛山 阿弥陀寺

  2. 無量山 光養寺

  3. 壽命山 昌福寺