普光山 鹿追寺

鹿追寺について

当山は、奥田松次郎氏が一宇を建立したのが始まりで、奥田氏は「軍人一宮神社」なども建立し、「古義真言宗金毘羅本院」の許可を受けて開教中のところ昭和元年に示寂しました。
その後数代を経て昭和11年、菅賢章師が本山より開教師として特派され、当山の住職に着任し、荒廃しかけた教会の復興と密宗の弘通に尽力されましたが、大東亜戦争の始まった昭和16年に召集され、その間夫人愛子氏が留守を守り、同22年に帰還しました。翌23年に教会を現在地に移転し、新本堂を建立と同時に「鹿追寺」と号し、昭和57年開基住職菅賢章師遷化の後、第二世として長男訓章師が就任。平成28年仁木町銀山孝徳寺(第60番札所)より関道俊師が第三世として就任し現在に至っています。
北海道八十八ヶ所霊場の第四十一番札所であり、札所本尊十一面観世音菩薩をご安置し、お堂には薬師如来、子育て延命地蔵尊、阿弥陀如来、十勝十二支めぐりの戌亥本尊を奉安し、三十三観音霊場も安置されております。

ごあいさつ

この度はご来訪いただきありがとうございます。昨今の社会情勢や変化に不安やお悩みを抱えている方があると思います。昔ながらの供養の良さと、新しい供養の方法の意味を考え、相談する窓口として、心の拠りどころとしてのお寺づくりを心がけています。どうぞお気軽にお問い合わせいただけたら幸いです。

寺院の特色
出張葬儀 寺院葬 永代供養 墓地
祈祷 樹木葬 ペット供養 水子供養
専用会館 駐車場 バリアフリー その他
寺院概要
住所 〒081-0223 北海道河東郡鹿追町南町2-31
アクセス 【公共機関の場合】
帯広駅より乗車「トリムセンター前」下車後、徒歩約2分
【お車の場合】
JR新得駅から車で約20分
帯広駅から車で約40分
電話番号 050-1864-2877
アクセスマップ

お電話でのお問い合わせ

関連記事

  1. 白石山 常林寺

  2. 金剛山 阿弥陀寺

  3. 一色山 正雲寺