白石山 常林寺

常林寺について

當寺は今から700年前の正中2年(西暦1325)、阿弥陀如来を本尊として創建されました。白石市では1番古い寺であり、長い歴史を刻んでいる寺であります。本堂内には、維新後解体した白石城(城主、片倉小十郎)の「時の太鼓」を保管しております。境内各所には、樹齢380年以上のエドヒガン桜を中心に大小約30本の桜が植樹され、朱色の竜宮門と背景の緑色と相まって優美に咲き乱れ、毎年テレビ放映されるなど宮城県内で最も開花が早い桜の名所として知られ、訪れる人々の目を楽しませています。

常林寺の特徴
常林寺は、桜で有名なお寺としてテレビなどのメディアで取り上げられています。開花の早い早咲きの桜が境内の随所に植えられており、春先はとても綺麗な境内風景を眺めることができます。
また、常林寺は白石蔵王連峰を臨むことができ、自然と触れ合うことができることで、来訪者の心を癒してくれます。

ごあいさつ

常林寺四十三世住職の内田正寿と申します。ご縁があり、20代で43世を継承することとなりましてから、早26年になります。柔道4段で、最近まで約20年間宮城県立白石高等学校柔道部外部指導員(コーチ)をしておりました。さて、これからは移り変わりの激しい世の中で寺院の在り方も考えていかなければならないと感じております。葬儀等仏事に関しまして、皆様とのご縁を大切にし、「お願いして良かった」と思われる寺院、僧侶を目指しております。ご希望に沿う形式で葬儀等仏事を執り行います。無理なお誘い等は致しません。お近くの方は勿論ですが、ご遠方の方でも出向致します。何ができるか、まずはご相談下さい。

寺院の特色
出張葬儀 寺院葬 永代供養 墓地
祈祷 樹木葬 ペット供養 水子供養
専用会館 駐車場 バリアフリー その他
寺院概要
住所 〒989-0248 宮城県白石市南町1-7-35
アクセス 【公共機関の場合】
JR「白石駅」より徒歩14分
電話番号 050-1866-3684
アクセスマップ

関連記事

  1. 高座山 転法輪寺

  2. 定星寺

  3. 福昌寺